Columnコラム

当たり前の事に感謝する

2019.10.04

当たり前の事に感謝する

 

こんにちは、iGENEトレーナーの栗田です。

 

今回はiGENEの研修メソッドでもある一人ひとりが幸せに生きるための7つのルールの一つ目、
「当たり前の事に感謝する」ことについてお話ししようと思います。

 

よく、世間でも感謝をするのは良いと言われていますね。
小さい頃、両親から「ちゃんとお礼を言いなさいね」と言って聞かされた人も多いのではないでしょうか。
なぜ感謝をするといいのか?

 

“感謝”の反対は、“当たり前”。

 

日本の現代社会に生きている私達は物資にも恵まれ、
生活をより良くしていくための工夫が社会に溢れています。
有ることが当たり前すぎて、無いものを探しそれを埋めるために行動をする風潮があります。

 

つまりは、小さい頃から無いものに目を向ける習慣ができている人が多いのです。
そういう文化ですから、意識的にフォーカスを変えていくことが必要です。
無いものばかりに目を向けると私たちのエネルギーは下がります。
「もっと幸せになりたい」「もっとお金を稼ぎたい」「もっと能力が欲しい」もっともっと…。

 

それが続くと、自分自身や環境、周囲の人に対しても不満や不安が募り、
私たちの人生は枯渇していってしまいます。

 

でも、本当に無いものばかりでしょうか?

 

もちろん、毎日の食事、体があること、両親から生まれたこと、生きていること、全て当たり前ではありません。
そして人それぞれ環境や持っている物、能力も違います。
あなたが持っている力を自分以外の人が当たり前に持っている事もあり得ないのです。

 

だからあなたの当たり前は、当たり前ではありません。
今あるもの、が必ずあるはずです。

 

 

あなたにとっての“当たり前”って何ですか?

 

 

当たり前のことに感謝をし続けることであなたのフォーカスは変わり、
その瞬間、あなたは今の自分を認める準備ができています。

 

 

自分を認めることで、あなたの可能性は広がっていくのですから。