Columnコラム

いつ幸せになるのか?

2021.06.16

いつ幸せになるのか?

 

人生の目的は幸せになることです。

成功したいと思うのも、達成したいと思うのも、
誰かに貢献したい、役に立ちたいと思うのも。

それを通して、自分が幸せになりたいから。
だから、人生の目的は、【幸せ】になること、と言えそうです。

では、いつ幸せになるのでしょうか?


ちょっと考えてみて頂きたいのです。


・・・


・・・


・・・



成功した時でしょうか?
達成した時でしょうか?
家族と過ごしている時でしょうか?
では、それ以外の時は【幸せ】ではないのでしょうか?

私たちはこの社会の暗黙の約束事として、

「社会の競争の中で成果を出し、自尊感情を高めることが幸せである」

と刷り込まれています。

「より偏差値の高い学校に入ること」
「甲子園やインターハイに出場すること」
「より有名な企業や安定した企業に就職すること」
「より高い年収を稼ぐこと」
「より幸せな結婚をすること」
「子供をつくること」
「より立派な子供に育てること」

ステレオタイプの幸せを求め、足りないものを埋め、競争し、成長と成功を求め、
その達成感を味わうために努力します。

しかし、その条件を達成した、達成感はどれほど続くのでしょうか?
達成感は一生ずーっと続くのでしょうか?

いいえ、達成感はほんの刹那の瞬間に消えます。
何かを達成した瞬間に、満足せず人は次の条件を探すものです。

そして、いつも何かが足りない、課題ばかりに向き合い、
人生に満足できないということにならないでしょうか?


私も実はずーっとそうやって生きてきました。

「ハングリー精神」「競争力」が何よりも大切だと考え、

理想が高いことこそが、人生においてもっとも大切な事だと。

私は30代にビジネスで成功しましたが、
1度たりとも仕事や収入で満足したことはありませんでした。

良く言えばストイック、悪く言えば完璧主義。
家族にも「成功したら幸せにしてやれるから待っててくれ」

そして、30代は幸せだったかと聞かれたら、幸せではありませんでした。
ずっと焦っていました。ずっと満足できませんでした。

では私たちは人生で「いつ幸せになるのでしょうか?」

長くなりましたので、その答えはまた来週にします。